高血圧の薬を飲み始めてからEDぎみ・・・

最近勃ちが悪くなってきたんですよ・・・

 

高血圧,ED,治療薬,精力剤

 

きっかけは高血圧の薬を飲み始めてからです。
まったく勃たないわけじゃないので完全なEDではないと思うんですけど、昔みたいに硬くならないし、勃起持続時間も短いですね。

 

高血圧,ED,治療薬,精力剤
飲んでいるのはアムロジピンとです。

 

調べてみたらこの高血圧の薬アムロジピンに勃起障害の副作用があることがわかりました Σ( ̄ロ ̄lll)

 

ここからのコンテンツ

  • 高血圧の薬でEDになる?
  • 高血圧の人が飲んでいる薬と主な副作用
  • 高血圧の薬ととED治療薬の飲み合わせを考える
  • 高血圧でも飲める精力剤ランキング
  • ED治療薬は個人輸入できるが
  • 高血圧のための食事

 

 

高血圧の薬でEDになる?

EDとは勃起不全や勃起障害のことです。
症状はいくつかあって、興奮しても勃起しない場合や、勃起はいちおうするが十分に硬くならない場合、勃起時間が短い場合があります。

 

これらさまざまなケースをすべてをEDとしています。

 

正常な勃起のメカニズムですが、これは神経と血管、血流に深く関係しています。
性的な興奮が脳に作用し、脳からの信号で海綿体に血液が流れこむことでペニスが大きく膨らむ状態にまるのが勃起です。

 

高血圧の薬は、血管を拡張させて血圧を下げるものや降圧剤や、血管を流れる血液を減らす利尿薬などがあります。
これらの薬で血管内の血流を変化させるので、勃起に影響出る可能性があり、これがEDの原因と考えられています。

 

 

高血圧の人が飲んでいる薬と主な副作用

高血圧のための薬は、主に

・血管を拡張させる
・血管に流れる血液の量(血流量)を減らす

があります。

 

どれも血圧を下げるために作用する降圧薬です。
主要な降圧薬は、

・カルシウム拮抗薬
・ACE阻害薬
・アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)
・α遮断薬
・利尿剤
・β遮断薬

があります。

 

それぞれ薬の副作用をまとめてみました。

 

血管を拡張させる薬

薬の種類 薬の名前 副作用

カルシウム拮抗薬

アムロジピン
※アムロジピンは同時にバイアグラなどED治療薬を処方されることがありますが、バイアグラなどのED治療薬は降圧剤と同時に飲むと血圧が下がりすぎる場合があります。

顔のほてり・潮紅・頭痛・動悸・頻脈・めまい・立ちくらみ・むくみ・足のむくみ・歯肉の肥厚(厚くなる)や腫れ

ACE阻害薬

エナラプリル

咳・めまい・浮腫・心筋梗塞・狭心症

アンジオテンシンII受容体拮抗薬

カンデサルタン シレキセチル

だるさ・めまい・頭痛
※ACE阻害薬の副作用である咳はほとんどみられません。

α遮断薬

フェントラミン

低血圧・徐脈・鎮静・口渇・退薬症状・コルチゾール低下・血糖上昇

 

血流量を減らす薬

薬の種類 薬の名前 副作用

利尿薬

ダイアート

発疹・肝臓障害・肝機能障害・電解質失調

β遮断薬

アテノロール

だるい・めまい・徐脈・低血圧・目の乾燥・動機・むくみ

 

 

高血圧の薬ととED治療薬の飲み合わせを考える

高血圧で薬を飲んでいる人は、ED治療薬を飲めないのでしょうか?
有名なバイアグラなどのED治療薬は血圧を降下させる作用があります。

 

なので、降圧薬を飲んでいる場合、血圧が下がりすぎてしまう危険性があります。
一緒に服用してはいけない薬を禁忌薬といいますが、詳しい医師なら高血圧の人にも禁忌とならない薬を処方することが可能です。

 

NGの代表的な組み合わせはED薬バイアグラの場合は、ニトログリセリン系の薬です。
この飲み合わせは、血圧を下げすぎてしまい生命に危険がおよぶことがあります。

 

狭心症の薬であるニトログリセリンや、抗不整脈薬のアンカロンやアミオダロンもED治療薬との併用は危険となっています。
このように高血圧で薬を飲んでいる場合、血圧低下で生命にまで危険がおよぶ場合ががあるので、必ず医師に相談の上処方してもらいましょう。

 

 

高血圧でも飲める精力剤ランキング

高血圧の人で薬を飲んでいる場合、ED薬より、精力剤のほうが安心です。
精力剤は健康食品の位置づけですが、亜鉛・スッポン・マカ・L-シトルリン・L-アルギニンなど、男性の活力に効果があるとされる成分が凝縮されているので、継続して飲むことで違いを実感できるでしょう。

 

とくに30歳をすぎた男性は、体内で必須アミノ酸を作れなくなってくるので、こういった栄養をサプリメントで補うことは男性機能のアンチエイジングに効果的です。
サプリメントは副作用の心配なくEDケアができるので、40代・50代以上の男性だけでなく、サイズや硬さ、持続力に自信がない若い男性にも爆発的に売れています。

 

インターネット通販でこっそり買えるというのも、売れている理由ですね。
自宅に届くときは『PCパーツ・部品』など、中身が精力剤とわからないような梱包になっていますし、郵便局や宅配業者の局止めにすることも可能です。

 

高血圧の人におすすめ精力剤ランキング

バリテイン

高血圧,ed治療薬

 

バリテインは高血圧の薬を飲んでいても飲めます。
一時は人気すぎて品薄になっていたという伝説の精力剤です。
スーパー天然成分を3種類のソフトカプセルに分けることで、成分のポテンシャルを最大限に引き出しています。
僕がためした中でもバリテインが1番いいですね。
飲んでいる安心感がありますので、心因性EDの方にもおすすめできます。
勃起力だけでなく、硬さを出したい、ペニスを大きくしたい人にもいいですよ。
1ヶ月分13,800円 税込

 

高血圧,ED,治療薬,精力剤バリテインの最安値通販ページ

リザベリン

高血圧,ed治療薬

 

リザベリンは高血圧の薬を飲んでいても飲めます。
3錠がセットになった精力剤で『勃ち』にこだわっている精力剤です。
成分は100種類とバリテインより少ないですが、スポーツ新聞や週刊誌にも掲載されていてこちらも品薄になっています。
4箱以上の購入がかなりお得です。
1ヶ月分13,800円 税込

 

高血圧,ED,治療薬,精力剤リザベリンの最安値通販ページ

ベクノールEX

高血圧,ed治療薬

 

ベクノールEXは高血圧の人でも飲めます。
ベクノールEXは錠剤とカプセルの精力剤です。
30代以上の男性が作り出せなくなっている必須アミノ酸に注目しています。
GHリリーザーとオクタコサノールは他の精力剤にはない独自の成分で最大の特徴です。
必須アミノ酸にプラスすると効果的なビタミンとミネラルも合わせて飲めるようになっています。
1ヶ月分12,000円 税抜き

 

高血圧,ED,治療薬,精力剤ベクノールEXの最安値通販ページ

クラチャイダムゴールド

高血圧,ed治療薬

 

クラチャイダムゴールドは高血圧の人でも飲むことが可能です。
男性の活力成分アルギニンがマカの2倍配合されているという、クラチャイダム。
アミノ酸・ミネラル・ポリフェノールなどアンチエイジング効果のある厳選成分を効果的にとれる健康食品です。
クラチャイダムゴールドは100%高品質のクラチャクダムの精力剤。
イザというときに勃起しない人に飲んで欲しいですね・・・jrが『ヤル気』になっていますよ^^
1ヶ月分が1万円以下ですし、精力剤がはじめての方でも、14日間の返金保証があるので、試しやすいと思います。
1ヶ月分8,400円 税抜き

 

高血圧,ED,治療薬,精力剤クラチャイダムゴールドの最安値通販ページ

 

↓今すぐクリック↓

↓【日本製】天然成分で副作用なし↓

高血圧,ed治療薬高血圧,ed治療薬

 

高血圧のための情報

ここからの目次

  • 高血圧と食事
  • 魚を食べよう
  • 正しい食事の習慣を

 

高血圧と食事

人の血圧は、少し動いただけでも変化します。運動の後などに一時的に血圧が上昇するのは当然のことですが、安静にしている状態でも、慢性的に血圧が高いという症状があります。これが、高血圧というもの。
高血圧そのものには、自覚症状がありません。しかし、高血圧を放っておくと、さまざまな病気にかかるリスクが高くなります。脳卒中や心臓病、腎臓病といった重大な病が待っているかもしれないのです。

 

健康診断で引っかかったり、血圧測定で高い数字が出たら、受診したり生活習慣を見直し、高血圧を予防していくことが大切ではないでしょうか。

 

高血圧の予防や治療に力を発揮するのは、何と言っても食生活です。まず塩分を控えるというのが、あまりにも有名です。味付けを工夫して少しずつ薄味に慣れていったり、外食でも塩分を取り過ぎない食べ方を身に着けていくことが大切です。

 

それと同時に、ミネラルを多く取ります。野菜や果物、海藻類や豆類を、積極的に取り入れましょう。これらに含まれるカリウムには、余分な塩分を排出する力があります。また、マグネシウムはナトリウムの働きを助けてくれます。

 

更に、カルシウムも補いたいところ。カルシウムが不足すると血管の収縮が促されてしまい、高血圧を進めてしまうことになりかねません。牛乳や小魚を積極的にとりましょう。

 

さて、いろいろと書いてきましたが、何事も突然頑張りすぎると、それがストレスになって長続きしません。少しずつでかまわないので、よい食生活を意識してみてはいかがでしょうか。

 

 

魚を食べよう

DHAといえば、魚に含まれる成分ですよね。高血圧を下げるために、欠かせない成分です。でも現代の日本人には、このDHAが不足しがち。昔と比べて、魚を食べる機会が減ったからだといわれます。今一度、高血圧とDHAについて勉強してみましょう。

 

高血圧は、脳卒中や心臓病などを引き起こす原因です。では、高血圧を引き起こすのは何でしょうか。それは、血管壁が固くなったり、血液がドロドロになったりすることが原因です。

 

柔軟な血管であれば、血液をスムーズに通すことができます。また、サラサラの血であれば、細い血管も通ることができますよね。これが、加齢やストレス、食事の乱れなどによって血管壁が厚くなると、血液の通り道が狭められてしまいます。更に、コレステロールや脂肪が多くなると血液はドロドロに。本来ならば柔軟に形を変えられる赤血球が固くなることで、細い血管を通れなくなってしまいます。

 

こうして血流が悪くなると、心臓は頑張らなくてはいけません。身体の隅々まで血液を送ろうとしてポンプの圧力を増やすことに。これが、高血圧です。

 

DHAには、サラサラな血液をつくる力があります。悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やします。赤血球も柔らかくなるので、スムーズに流れる血液をつくれるのです。また、DHAには固くなった血管壁を柔軟にする力もあります。

 

通り道も血液も柔軟になると、血流がよくなります。すると、心臓が頑張らなくて済むので血圧が下がるというわけですね。

 

高血圧の予防や改善に欠かせないDHA。これをサプリメントで補う方法もありますが、旬の脂が乗った青魚を、積極的に食べたいものですね。

 

 

正しい食事の習慣を

高血圧を下げるための食事のポイントというと、塩分控えめやカロリーのコントロールが思い出されますよね。もちろん、食事の内容を見直すことはとても大切なことです。でも、それと同じくらい大切なことがあるんです。それは、食事の習慣。

 

食事の内容と習慣。同じもののようですが、私は違うものとして考えてみます。食事の内容は、食べるものの種類や栄養の話。対して食時の習慣は、いつ食べるか、どういうふうに食べるかという話だと、ここでは考えてみましょう。

 

基本はやはり、三食を決まった時間に食べることです。次の食事までの時間が長すぎると、次に食べたものは脂肪として蓄積されてしまうといいます。

 

食べる量にも気をつけたいものです。腹八分目がよいといわれますよね。これを実践するためには、速食いをやめてみること。満腹中枢が反応するまでには少し時間がかかるので、速く食べれば、満腹を感じたときには既に食べすぎになっていることに。よくかんだり、会話を楽しみながら食べてみましょう。

 

暴飲暴食にも注意です。ストレスを感じるとつい食べてしまうということがありますが、これでは食べすぎになってしまうし、身体に余計にストレスをかけていることに。何か別の、ストレス発散方法を見つけておきたいですね。

 

ここまで、特に珍しいことは書いていません。健康やダイエットのために実践したい食生活、そのものといった感じです。そう、健康的な食事の習慣は肥満や動脈硬化を防止し、それが血圧を下げることにつながっているんです。食事の習慣、できるだけ意識してみてくださいね。

 

高血圧の人におすすめ精力剤ランキングへ